スポンサーリンク

圏央道の桶川インターチェンジには大阪で有名なランナーのネオンが!?

2009年06月11日 09:47

なんだか天気悪いしー。
やること溜まってるしー。
写真とりに行くのめんどくさいしー。

というわけで、ちゃっちゃとネットでネタ探しをして、
圏央道に関連する記事ならなんでもアリでしょ!
という浅はかな考えで作ってみました。
(実際にはそうもいかなかった)

今回のお題はコレで。
『圏央道・北本中丸9丁目地区に「江崎グリコ(株)新工場」が進出』

スポンサーリンク


とりあえず、こんな記事を見つけたのは結構前のことだったんですけどね。
ああ、話は数日前の朝7時頃にさかのぼります。

朝からとっても天気が良い日で、まあ、あれですね、
最近流行りのついてる人にしか見えないアレと戯れに行ったんです。

朝イチはけっこう頑固者にテコづったりするので、
iPhoneでビバルディなんか聴きながら朝のニュースをチェックして、
とりあえずグーグルさんに「圏央道」って入力~


ふんふんっふふふん~(鼻歌)




と、そこで見つけた記事がこれですよ。
圏央道・北本中丸9丁目地区に「江崎グリコ(株)新工場」が進出


これならニュースネタとしてネタになるなぁ・・・と。

ということでその内容を読み解いてみましょう。

------------- 引用ここから -----------------------------------------------------
このたび、平成24年度を開通目標としている圏央道桶川インターチェンジ(仮称)直近
の北本市中丸9丁目地内において、「田園都市産業ゾーン基本方針」に基づく第3次先導モ
デル地区として、江崎グリコ株式会社の新工場に係る立地調整が整い、企業が進出する環境
が整いました。
 この先導モデル地区は、単独企業による圏央道沿線における最大規模の立地であり、企業
のニーズを踏まえた計画開発により実現するものです。

------------- 引用ここまで------------------------------------------------------


また新しい言葉がたくさんでてきちゃいましたね☆

その1 田園都市産業ゾーン基本方針

参照ページを見てみると、その概要は、
「新しく大きな道ができたから、トラック入りやすいし、工場作っちゃおうぜ☆」
ってことなんでしょうか(違

でも、そこには開発の計画があって、それにのっとったイメージをつくりださなきゃ許しませんからねっ!っていうことだと思うんですが、どーゆーイメージかというと・・・

■田園空間に配慮した緑地の創出→屋敷林のイメージ

おっと、屋敷林とかいうまた聞き慣れない言葉が出てきました。
ヤシキリンと読むのだそうですが、まあ、いわゆる生け垣の林みたいなもので、
主な目的としては、カイニョ倶楽部によりますと、

1.強風から建物を守る(防風林)
2.燃料(落ち葉や枝を利用)
3.家の増改築等の建築資材
4.果樹や薬草を植え、食糧や薬に

というものだそうで、まあ、ココのページにあるようなものが
ヤシキリンで有名なカイニョというものだそうです。

なるほどう、これが工場の周りにめぐらされるんですね。
想像するに、異様な光景が突如現れそうですね。

そもそも、田園空間に配慮した緑地の創出ということに対して、ヤシキリンが出てくること自体がどうなんだろう。。。って思います。
むしろ、工場の屋上を緑化して、芝生なんかで覆い尽くして公園として一般開放したら
周辺住人の理解も得られるんじゃないかなんていう理想を語ってみたり。

だってこれでしょ・・・
[PDF] 田園都市産業ゾーン基本方針(付属資料) (685KB)より

20090611.jpg

どう見てもただの工場地帯ジャナイデスカ。

ていうか、オマエ、どうせなら現地見て来いよ!
って怒られそうだったので行ってきますー。



つづく。




関連記事



圏央道が楽しみな人↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事