スポンサーリンク

圏央道の桶川インターチェンジには大阪で有名なランナーのネオンが!?のつづき

2009年06月12日 12:58

※前回のあらすじを読んでない方は、ひとつ前のエントリーを読んでからこちらをご覧になると、より理解が深まります。


ということで、
江崎グリコの工場建設計画地を視察してまいりましたので、
ここにご報告申し上げマス!(雨の中)

場所はこちら。


より大きな地図で 無題 を表示

スポンサーリンク




埼玉県の発表資料には、
>平成21年3月  当地区における地区計画の都市計画決定

とありますので、既に工業用地などの計画はたっているのだと思います。



現に、グリコ工場予定地には、まだ取り壊し前の民家が現存しております。

P1000643.jpg

交渉次第では、立ち退き→土地買収→工場建設が可能ということですよね。


北本方面
:中丸公民館(中丸東小学校かも)が見えます。

P1000644.jpg

桶川方面:
P1000645.jpg


この道、17号が渋滞しているときや、北本方面に行くときには
抜け道としてよく使うんですが、北本教習所の教習コースにもなっていたりします。
とにかくまーーーーーっすぐな道で、信号が数カ所。
大型車はあまりみかけないので走りやすいんですが・・・


完成した暁には、工場からのトラックは、どのような経路をたどって
桶川インターへ向かうのか、興味があるところです。

P1000646.jpg

5階建てということなので、防風林もそうとうな高さのある樹木じゃないと・・・って無いか。
ま、景観はある程度損なわれそうですね。。。

でもそこは田園都市計画
>地区内の外縁部に屋敷林をイメージした高木植栽帯を設けます。高木の植栽本数は1000本以上、緑地全体の面積は3ha以上となります。

1000本が多いのか少ないのか、いまいちピンときませんが。。。



裏手に回るとはす向かいには、社会福祉法人松寿会サニーホームがあります。

P1000647.jpg


用地はまだ荒れ地のままです。
着工はいつからなのでしょう。

P1000648.jpg


そしてすぐ近くには「べにばなの郷」があります。
でもココはあくまでも桶川市。
工業地域は北本市。
んーなんだか微妙。


P1000649.jpg



まあ、インターができれば、交通の利便性が良くなって、
工場や商業施設ができて、町が発展するのは当然の流れだとは思います。
そうやって地域の雇用が確保できたり、税収入で市町村の財政が潤ったり。

ちょっとひっかかるのが、
桶川インターなのに、企業誘致できるのはお隣の北本市・・・
桶川市には税収等は見込めないのでしょうか?

そのあたりについては、全く詳しくないのでどなたか解説していただきたいところです。

埼玉県が推進しているプロジェクトだから、県から市への補助金?があるのか、
インターを建設した桶川市にはどのようなメリットがあるのか、などなど疑問がいっぱいです。



でもやっぱりひっかかるのが、
ゆとりとチャンスに満ちた田園都市づくり
豊かなみどりの創出による田園環境との共生
周辺の田園環境との調和


そりゃあ、自然は大事さ。エコブームだし。
それにしても、田園って連呼しすぎじゃないかい?

エコも連呼すりゃ、ただのエゴ。ってことになりかねない。
関連記事



圏央道が楽しみな人↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事